漢詩と中国文化
HOMEブログ本館東京を描く水彩画陶淵明英文学仏文学西洋哲学 | 万葉集プロフィールBSS



古詩十九首を読む



古詩十九首は、南朝梁の昭明太子によって編纂された「文選」に始めて収録された。それ以来古詩の範とされ、また五言の冠ともされて、後代に大きな影響を及ぼした。文選よりやや遅れてなった「玉台新詠集」にも、同じ内容のものが、順序を異にして収められているほか、歴史上折につれて編纂された詩歌集に必ずといっていいほど収められてきた。

作者については、明確ではない。玉台新詠集は十九首のうち八首について枚乗の作としているが、おそらく事実ではないだろうとされている。枚乗に限らずさまざまな詩人が古詩十九首中の句を取り入れた詩を作っている。おそらく古代中国において、人口に膾炙した詩の一群のうちから、文選がアンソロジーの形で採録したのであろう。

時期についても明らかではない。従来前漢の時代の作という説もあったが、これも疑われている。前漢の詩には武帝の時代の勇壮な雰囲気を反映したものが多いのに、古詩十九首の諸篇は快楽を賛美したものや、一人身を嘆く婦人のさびしさを歌ったものなど、どちらかというと退嬰的なものが多い。作風からして前漢のものとするには無理がある。

こんなところから、古詩十九首は後漢以降さまざまな人たちによって、別々に作られたのだろうとする説が、今日では有力である。

古詩十九首の諸篇には、「生年百に満たず」、「人生忽として寄るが如し」、「去る者は日を以て疎し」といった人生の無常さを歌った名句が多い。それらの名句は陶淵明をはじめ後代の詩人たちによって援用され、それらに表現された独特の雰囲気は、中国の詩の中で一つの地下水脈のようなものを形作っていった。

いずれにしても、古詩十九首に収められた諸篇は、その後の漢詩の発展にとって、大きな影響を及ぼした。それらは五言古詩の源流となり、また中国文学が折につれて新たな展開を見せる節々において、見習うべき手本としての役割を果たしていった。


行行重行行:別離の詩(古詩十九首其一)
青青たる河畔の草:捨てられた女の悲しみ(古詩十九首其二)
青青たる陵上の柏:人生楽しむべし(古詩十九首其三)
今日良宴會:出世のすすめ(古詩十九首其四)
西北有高樓:寡婦の嘆き(古詩十九首其五)
渡江采芙蓉:別れの寂しさ(古詩十九首其六)
明月皎として夜光る:色あせる友情(古詩十九首其七)
冉冉たる孤生の竹:婚約した女の気持(古詩十九首其八)
庭中に奇樹有り:女の切ない思い(古詩十九首其九)
迢迢たる牽牛星:牽牛織女七夕の詩(古詩十九首其十)
盛衰各々時あり;人生は金石にあらず(古詩十九首其十一)
東城高く且つ長し:不遇の才能を嘆く(古詩十九首其十二)
人生忽として寄するが如し(古詩十九首其十三)
去る者は日に以て疏し:古詩十九首其十四
生年百に満たず(古詩十九首其十五)
凜凜として歳雲に暮る:夢の出会い(古詩十九首其十六)
孟冬寒氣至る:夫からの手紙(古詩十九首其十七)
客遠方より來る:古詩十九首其十八
明月何ぞ皎皎たる:離れた夫を思う(古詩十九首其十九)



HOME








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである