グロスターロード
Gloucester Road….A Parish Church standing on the roadside of Gloucester Road near the crossing with Cromwell Road. The Gloucester Road tube station is located at the crossing.

多くの英国人の宗教生活の中心を占めているのは英国協会である。国王の離婚問題を契機にローマ法王から分離独立したという歴史的経緯はともかくとして、いまなお圧倒的な国民を組織し、王室との関係も深い。教会の頂点はいまでも女王なのである。

国協会は英国本土はもちろん海外の植民地にも堅固な組織を作り上げているが、イングランドにおいては、カンタベリーとヨークの大主教がそれぞれ国の南と北を代表している。大主教の下には旧カウンティごとにダイオシーズという管区がおかれ、それが地域に網の目のようにひろがるパリッシュとよばれる小教会を組織している。地域住民の一人一人にとってはパリッシュチャーチが日々の心のよりどころとなっているのである。

ロンドンにおいては、テムズの北岸と南岸とに管区が別れており、セントポール寺院が北岸ロンドン地区の管区教会となっている。管区はさらに五つのエリアビショップによって分担され、それがまたアーチディーコンという階級によって補佐されている。ピラミッド状になっているのである。絵にある協会はセントスチーヴンス協会といって、星の数ほどあるパリッシュチャーチのひとつである。







[HOME]



東京を描く/東京風景1/東京風景2/橋の水彩画/近郊スケッチ/人物画/水彩画
別館ブログ/風景写真/建築遺産/庭園/川と橋/東京の祭/年中行事/あひるの絵本
/English