日比谷の街角(26×36cm ヴェランアルシュ 2006年9月)

日比谷といえば、昔も今も劇場や映画館が集まるエンターテインメント空間だ。丸の内のオフィス街と銀座のショッピング街に挟まれたところにあるため、気晴らしを求める人たちが自然と集まりやすいのである。シャンテの前の広場にはゴジラの像が飾ってあったりして、いかにも遊興的な雰囲気があたり一面に漂っている。

この一角に、絵にあるような建物が建っている。三信ビルといって、もともとはオフィス用のビルだったのだが、内部の空間は劇場のような華やかさに満ち、また喫茶店なども店を開いていたので、日比谷に遊びに来た人々が、このビルの中に入っても、街角の延長上にいるかのような気分を味わえた。

「味わえた」と過去形で書いているのには訳がある。実は、このビルは老朽を理由に建て替えられることとなり、わたくしがこのスケッチを描いた時点では、閉鎖されていたからである。

このビルは、建築物としても相応の価値があり、その保存を求める人も多いそうだ。所有主の三井不動産は、取り壊しの方針を崩していないようだが、何とか知恵をしぼって、この風格のある建物を後世に残してほしいものだ。


                 HOME東京風景次へ