増上寺三解脱門(ファブリアーノ300g、28×38cm、2013年3月)

日比谷通り沿いに威容を誇る増上寺山門は三門ともいい、また三解脱門ともいう。三解脱とは、貪、瞋、痴の三煩悩を解脱するという意味だそうである。

増上寺の伽藍の多くは空襲によって焼失したが、この門は消失を免れた。元和8年(1622年)建立で、現在は国の重要文化財に指定されている。

この絵は、三門の内側からの眺めである。





                       
HOME東京風景2次へ