シティ
City of London…..The headquarter of British monetary system. Center, Royal Stock Exchange. Left, Bank of England.

ロンドンは二つの核を持つ都市だといわれている。ひとつはバッキンガム宮殿とそれにつながる政府機関の集中する地域であり、もうひとつはイングランド銀行や証券取引所など経済活動の中枢が立地するシティである。ロンドンは英国の首都として、政治機能の中心であると同時に、古来経済活動の中心でもあったのだ。

ロンドンは三十前後のバラと呼ばれる基礎的自治体から構成されているが、シティのみは特別な扱いがなされていて、どのバラにも属していない。数世紀にわたりロンドンの町を象徴してきたその歴史的役割に敬意を表して、ザ・シティとして特別の地位を割り当てられているのである。いまだにロンドン市長と呼ばれているのはシティの長を指してのことである。しかし今日、市長は多分に名目的な存在であり、通常の市長が有するような行政上の権限は持たない。

シェイクスピアの王権劇にもロンドン市民を代表するものとしてロンドン市長がたびたび登場する。かように英国の市民主義は長い歴史に支えられている。それを象徴するのがシティなのである。







[HOME]



東京を描く/東京風景1/東京風景2/橋の水彩画/近郊スケッチ/人物画/水彩画
別館ブログ/風景写真/建築遺産/庭園/川と橋/東京の祭/年中行事/あひるの絵本
/English