ナショナルギャラリー
  National Gallery….The National Gallery was established for the benefit of all. So the admission is free, the site is central and accessible both to the rich people traveling from West London and to the poor on foot from East End.
  
ナショナルギャラリーはトラファルガー広場の北側全面を占めて荘厳な姿で立っている。円塔と列柱の組み合わせがいかにも大英帝国の格式を誇っているように見える。

一八二四年に一銀行家のコレクションを政府が買い上げたことから美術館の歴史が始まった。三十八点の絵画から出発し現在では二千数百点にのぼる西洋絵画のコレクションを誇っている。先の大戦ではドイツ軍の空襲を受けたため、政府は貴重な絵画を山岳部のさる鉱山のトンネルの中に疎開させたという。

戦後の収集品の中には、ナチスがユダヤ人から強奪したものも含まれていたらしい。そこで政府は購入の経緯を再調査し、そのようなものについては元の所有者に返還する手続を行っているそうだ。

一覧後その印象を色あせぬものにしようと思い、絵画のカタログを買い求めた。今も手元にあって時たま眺めることがある。







[HOME]



東京を描く/東京風景1/東京風景2/橋の水彩画/近郊スケッチ/人物画/水彩画
別館ブログ/風景写真/建築遺産/庭園/川と橋/東京の祭/年中行事/あひるの絵本
/English