北新宿の再開発(25×34cm ヴェランアルシュ 2004年10月)

税務署通りを西に進んでゆくとやがて五叉路と呼ばれる所にさしかかる。文字通り毛細血管のような狭い道がヒトデの足のように放射状に伸びているところだ。行く手には方々に空地のできた間に古い木造家屋が取り残されたように点在する風景が現れる。ここは放射6号線の整備に併せ大規模な再開発が予定されている区域で、目の前に広がる空地はそのための用地として買収された土地なのである。

数年前始めてここを訪れたときは、まだ買収が進んでおらず、地域内は狭い路地を挟んで木造の小さな家が密集していた。内部を歩いているとまるで迷路の中にいるようだった。すぐ近くには超高層ビル街が聳え、それとの著しいコントラストに、思わずここも新宿かと嘯いたほどだ。

いまや買収も最終段階に差し掛かったと見え、地域内は殆どが空地になった。絵はそのような状況を描いたものだ。遠景に見えるのは青梅街道沿いの高層ビル群である。いづれはこの空地跡にも遠景に劣らぬ超高層ビルが立つことになっている。




HOME東京風景2次へ