TOKYO
TOWNSCAPES

  


外堀沿い



かつて江戸城の外郭を画した外堀は、高速道路や再開発のためと称して大方は埋め立てられてしまいましたが、飯田橋駅南にある牛込橋から五番町の地先にかけてと、赤坂見附の周辺にわずかに往時の面影を残しています

この中で、飯田橋と市谷の間は、堀を囲んで両側に桜が植えられ、春盛りともなると、堀の水面に桜花が姿を映し、幻想的な雰囲気を醸し出します。

ここには、外堀沿いに総武線の線路が通っていますので、通勤客は電車の中から桜の並木を眺め、世の屈託をしばし忘れることができるのです。

2005年の春、小生は二度にわたりここを訪れました。
         





  市ヶ谷土手外堀俯瞰外堀通りの桜亀ヶ岡八幡 
  外堀公園外堀通りの街路樹
   
                      

              
壺齋画<迎賓館前のユリノキ並木


      
 [東京を描くHOME]     [東京風景写真]      [進む]