東京の祭

神田明神祭





神幸祭巡幸:01 02 03 04 05
各町神輿宮入:11 12 13 14 15





神田明神祭は、麹町の日枝山王祭と並び、
東京の祭の中でも、規模の最も大なるものです

神田明神の氏子区域は、神田全域から日本橋の北部にまたがり
徳川時代以来、江戸東京における伝統的な下町地域のほぼ半分をカバーしています
江戸の町人の祭として始まった歴史も古く
天下祭としての地位を山王祭と二分してきました

神田明神祭はかように伝統に富んだ祭であり
氏子地域の経済力に支えられて
祭の華やかさや、 規模の大きさ
また、江戸振りと称される粋な雰囲気において
他者の追随を容易には許さない風格を持っています

取材:2005年5月14・15日


関連サイト:秋葉原・神田界隈 人形町・東日本橋 神田神社公式HP








 東京を描く東京の祭内容へ進む