広重画「霞ヶ関」

今の景色でいうと、ちょうど国会議事堂を背にして、その向かい側を描いているような具合になります。





一番町半蔵門霞ヶ関桜田門日比谷和田倉噴水行幸通り


[HOME]     [項目トップ]               [続く]




霞ヶ関の官庁街は古い建物が取り壊されて
おおかた近代的な高層ビルに変わってしまいましたが
法務省の赤レンガのビルだけは そのままの姿で残っています
この建物は玄関が北向きなので いい写真になりません
そこで裏側から撮影してみました
陰影の具合がちょうどよくとれました
警視庁は昔から桜田門の門前に立っていました
土地の形状が三角形なので 建物も三角形です
国会議事堂です
内堀通りからはちょっと入ったところにあります
前面に視界をさえぎる物がないので
一年を通じて堂々たるファサードを眺めることができます
こちらの内部では 人間のドラマというより
茶番劇に類似したことが しょっちゅう見られるということです
半蔵門から桜田門に向かってゆるい坂道を下っていくと
右手に官庁の建物が次々と現れてきます
最初は最高裁判所です
重厚なたたずまいが いかにも法の権威を物語っています
この建物の内部で 日々人間のドラマが繰り広げられているのですね


霞ヶ関

TOKYO
TOWNSCAPES