TOKYO
TOWNSCAPES

  


有楽町駅周辺



有楽町駅が開業したのは明治43年(1910)
当時駅の北西には東京府庁舎が立地し 霞ヶ関の官庁街は
日比谷公園を挟んですぐのところにありました
現在の有楽町駅は ホーム北側と南側にそれぞれ出入口を設け
銀座や日比谷へ向かう人々の最寄り駅となっています


昭和30年代初頭に 有楽町駅の隣にそごうデパートが開業し
長い間 有楽町のシンボルとなってきました
現在は カメラの量販店が入っています



東京都庁の新宿移転後 その跡地に東京国際フォーラムが
建設されたのは 平成9年(1997)のことです


国際フォーラムの設計は公開コンペによって行われ
その結果ブラジル人建築家ヴィニョーリの案が採用されました
鯨の骨格をイメージしたという ユニークな構造物の内部空間は
まるで 魚の中に迷い込んだピノッキオのような気分にさせてくれます


駅東側にたつ交通会館 戦後この一帯を占有していた闇市を収用して
建てられました この建物とマリオンとの間には
かつて南町奉行所が置かれていたとされます


交通会館の北側にあるこの風変わりな建物は
都庁舎の跡地を利用した 仮説の店です


有楽町駅の東側には 駅舎に接して建物が立ち並んでいるため
まるで地下空間にいるような錯覚をおこさせます


東側一帯では再開発が始まったようですので
このような光景もいづれ消えていくのかもしれません








有楽町駅周辺ガード下数寄屋橋日比谷

東京を描く東京風景写真有楽町・日比谷次のページ