TOKYO
TOWNSCAPES

  


数寄屋橋



現在高速道路の走っている下には かつて外堀があり
その上に数寄屋橋がかかっていました
昭和30年代に堀は埋め立てられて 橋も消えてしまいましたが
数寄屋橋という地名は 今でも使われています


晴海通りと外堀通りの交差点
通称を数寄屋橋交差点といいます


ニュー東京横手の路地


数寄屋橋交差点の一角に泰明小学校の付属広場があります
このオブジェは岡本太郎の作品です


数寄屋橋から新橋方向を眺めた景色
このあたりでは 軌道敷が高くなっていると見え
店の構えもいくぶんゆったりとしています








有楽町駅周辺ガード下数寄屋橋日比谷

東京を描く東京風景写真>有楽町・日比谷>次のページへ