TOKYO
TOWNSCAPES

  


亀戸の寺社


亀戸駅北側一帯には多くの寺社が立地し 落ち着いたたたずまいをみせています
その中の主なものが 亀戸七福神のコースを作っていますので
巡り歩いてみるのもよいでしょう 狭い範囲ですので 1時間もあれば回れます
まず駅から一番近いのが東覚寺 真言宗の寺で亀戸不動と呼ばれていました
ここには 弁財天がまつられています


東覚寺の墓地で見かけた石のお地蔵さん


香取神社は恵比寿様と大黒様をまつっています
亀戸地区では天神と氏子を二分する大きな神社です
毎年5月の連休中には 勝矢祭が行われます


亀戸は大根の産地だったようで 香取神社境内にこんな碑がありました


天祖神社は福禄寿をまつっています


天祖神社の境内に泳ぐ鯉幟


横十間川に面している龍眼寺は布袋尊をまつっています
元禄時代の頃から萩寺として親しまれてきました


龍眼寺境内にしつらえられた萩の棚


普門院は真言宗の寺で 毘沙門天をまつっています
伊藤左千夫の墓があります


普門院の境内で見かけた観音の半伽像






亀戸駅周辺亀戸の寺社柳島亀戸天神

東京を描く東京風景写真>亀戸次のページ