TOKYO
TOWNSCAPES

  


お茶ノ水



御茶ノ水の地名には由来があります
徳川二代将軍秀忠がこのあたりに立寄った折
湧き水でたてたお茶をことのほか喜んだとされたことから
この地の水を御茶ノ水といい始め それが地名にもなったという伝えです
神田川が掘削される以前のことといわれます

神田川ができると 川沿いは深い渓谷となり
園風光明媚な景色は江戸市民の目を喜ばせました
ひとびとはこれを茶渓と称し 物見遊山に駆けつけたとされています

写真は御茶ノ水の駅
渓谷の縁に沿って駅舎と線路が設けられています
こんな風靡な駅は東京中ほかでは見られません


昌平橋から聖橋方向を眺めた構図です
広重の絵に これと全く同じ構図のものがあります
川の両岸がコンクリートによって塞がれ 鉄橋や橋が加わっていることを除くと
川の流れるさまは 時代を超えた不変性を感じさせます


御茶ノ水駅周辺は 学生相手の喫茶店やら 手軽なレストランが並んでいます
これは そのうちの一軒 なかには さまざまな飲食店が入っています
建物の形態からは むしろ風俗営業の雰囲気を感じるのは
わたくしの僻目によるものでしょうか


神田川に沿って 外堀通りが走っています
聖橋とは立体交差をしているので 石段を下りてこの道にたどり着きます


右は 湯島聖堂の石垣です
広重の絵にこのあたりを描いたものがありますが
聖堂の様子は 石垣を含めて殆ど変わっていません


聖堂内の光景
大成殿から内門を見下ろしたところです


聖橋から昌平橋方向を眺めた構図
手前は丸の内線の線路 左手は総武線が外堀通りを跨ぐところに架かる鉄橋
川でなく 道路に鉄橋のアーチが架けられたのは 
そちらのほうが幅が広かったからでしょうか

関連サイト:神田明神祭







駿河台御茶ノ水神田明神湯島天神池之端

 東京を描く東京風景写真御茶ノ水・湯島次のページへ