TOKYO
TOWNSCAPES

  


池之端



池之端とは文字通り 上野不忍池の池畔ということでしょうが
昔は湯島の天神下とも呼ばれていました
天神の黒門があるあたりは 空襲を免れたこともあって
古い木造の建物が多く残されていましたが
最近はめっきり減って 何の変哲もない街並に変化しています

そんな中で こんな建物を見かけました
街角に佇みたつ木造の古い民家です
時代の波を潜ってきたしたたかさを誇るかのように
どっしりとしたたたずまいが 見る人に何かを訴えかけてきます


池之端の一角にあるこの壁は 旧岩崎邸のもの
壁の内部には 明治時代に建てられた建築物が 残されています


岩崎邸の裏手の壁にそってのびている坂は 通称無縁坂
坂を上ると東大構内に通じます
この坂は 鴎外の小説「雁」の舞台となったところです


不忍池


不忍池


天神下黒門の周辺は古くからの繁華街でした








駿河台御茶ノ水神田明神湯島天神池之端

関連サイト:旧岩崎邸庭園



 東京を描く東京風景写真御茶ノ水・湯島



東京を描く東京風景写真