TOKYO
TOWNSCAPES

  


諏訪神社・道灌山



諏訪台に鎮座する諏訪神社は文久2年(1205)創建という旧いお社
信州の諏訪神社を勧請したもので建御名方命をおまつりしています
日暮里・谷中の総鎮守として 3年に一度大祭が行われます


神社の裏手は険しい崖になっていて よい眺めを得られます
崖をおりていくと 西日暮里の駅に通じています


道灌山は 諏訪台の北側に小山のように突き出ています
古くから虫聴きの名所として聞こえていました
道灌山の名称の由来には諸説ありますが 大田道灌がこの丘に
砦を築いたとする説が有力です


道灌山の麓にあるこの古い寺は 花見寺として知られた星雲寺


諏訪の高台から星雲寺へと通じる坂は 花見坂とも
富士見坂とも呼ばれています 真正面に富士がよく見えたといわれます


第一日暮里小学校の通用門の脇に 高村光太郎の詩碑を見かけました
高村光太郎は この小学校を卒業しています


日暮里駅東口のロータリーは都バスの発着場になっていて
都08系統浅草経由錦糸町行と 里22系統明治通り経由亀戸行のバスが
ひっきりなしに出入りしています


ロータリーの一角にある太田道灌像
背景にあるのは舎人線の工事現場です







谷中三崎坂寺町日暮里道灌山

東京を描く東京風景写真谷中・日暮里