深川洲崎




深川洲崎はもと四方を海に囲まれていました
その小さな島のような一角に
かつては遊廓街が栄えていたのです
その入口に当たっていたのが
この弁天橋でした
いまも昔も洲崎の玄関口です



弁天橋の名の由来となったのが
この弁天堂でした
遊女たちのはかない信仰の対象となったお堂です



洲崎にはかつては多くの遊廓があったとされていますが
いまは殆ど残っていません
そんななかでこんな建物を見かけました
それらしい雰囲気から
これももとは遊女たちの舞台となったことがあるのでしょうか



洲崎を囲んでいた四方の運河のうち
西と南の部分は埋め立てられて
いまではほかの土地と陸続きですが
東側にはまだこんな形で残っています



洲崎の一角でもかけた料理屋です



洲崎の北側にある運河には
こんな橋が架かっていました
橋のたもとには船宿がありました





広重画「深川洲崎十万坪」
徳川時代の末まで洲崎は海に面していました






永代橋・佐賀町|門前仲町|富岡八幡|門仲から木場|深川洲崎

[東京を描くHP]     [続・深川散歩]




TOKYO
TOWNSCAPES