TOKYO
TOWNSCAPES

  


赤城神社・筑土八幡



神楽坂通りを歩いていくと
街の外れにあたるところに 赤城神社が鎮座しています
牛込氏の先祖大胡氏が江戸へ上州赤城から移ってくる祭赤城神社を分祀して早稲田の鶴巻町あたりに祭ったのが始まりだとされています


神社境内にあった 氏子町内の御輿蔵です


これも境内の一角にあったお稲荷さん
出世稲荷の幟がはためいていました


境内から外部をのぞきわたした光景


境内裏手にある急な石段は赤城坂と呼ばれています
この神社が 台地の際に建っていることがよくわかります
ここに限らず 神社は台地の際に立つものや 水際に立つものが多いようです


赤城神社裏手の崖
切り立った様がよく伺われる眺めです
ここは都内でも珍しい 砂防法による急傾斜地の指定を受けている所です


大久保通りを飯田橋駅方面へ歩いていく途中に
筑土八幡神社があります
ここも 石段を上り詰めた高台に鎮座していました






神楽坂通り神楽坂の路地神楽坂の坂道赤城神社


東京を描く東京風景写真神楽坂