TOKYO
TOWNSCAPES

  


鳩の街




水戸街道の北側に口を開いた数多い路地の中に一風変わった通りがあります
その名を鳩の街といいます
行政区画で言えば 旧本所区と 旧向島区の境にあたります
この通りには 戦後一時期 それこそ短い間でしたが
遊郭街として栄えたことがあります
その折の様子は永井荷風の小説にも取り上げられています
遊郭街としては新参で俄仕立てのものであり
当時赤線以下の青線などと表現されたものでしたが
一時期の風俗現象として
いまだに記憶されているひとびとも多いと思います

小生は墨堤側から寺島方面に向かって水戸街道を歩いていくうち
ついつい通り過ぎそうになってしまったのでしたが
この通りが 旧本所と旧向島の境にあることは知っていましたので
住居表示を頼りにすぐに見つけ出すことができました
通りは2間ほどの狭いもので 人がすれ違うのがやっとといった具合です
入口には 写真のような飾り物が掲げられていました



小生が 何の変哲もないこの通りに着目したのには それなりの理由があります
小生の友人壺齋散人が 30歳前後に向島の一事務所に赴任した際
最初に手がけた仕事が鳩の街を舞台にしたものだったというのです
詳細は触れませんが
今でも 散人と杯を酌み交わすとき 鳩の街の思い出話が出てきたりします



この通りが何故 鳩の街と名づけられたか
その由来はよくわかりません
戦後のあのどさくさの時代には
東京の各地で 常識を超えたことがらがおきました
向島界隈は 多く戦災で焼け残ったため
自然ひとびとがひきつけられたのかもしれません



ごらんのように 通りの幅は非常に狭いものです
かつては この両側に 赤線の遊女宿がたちならんでいたといいます



通りの中ほどにある保育園です
その名を寺島保育園といいます
じつは 散人がここでした仕事とは この保育園を立てるというものなのでした
とにかく 通りは狭く 資材をつんだ車を通すに苦労する始末
幸い近所の人々は理解のある人ばかりでしたので
その人たちの協力が得られたといいますが
よくも 無事にたったものだと 散人は今でも感心しています

散人はこの保育園を命名するに当たり
できれば鳩の街の名を冠したかったそうですが
いろいろと熟慮した挙句 このあたりの地名寺島をとって
保育園に名づけたといいます






墨田公園向島の社寺見番通り向島花街鳩の街玉の井


東京を描く東京風景写真向島次のページへ