TOKYO
TOWNSCAPES

  


マッカーサー道路計画



東京の道路の中で 環状2号線は外堀通りといわれ 最も重要な幹線道路です
この道路のうち 虎ノ門から新橋にかけての部分はマッカーサー道路とも称され
昭和21年に100メートル道路として計画されましたが
長い間整備が進みませんでした
マッカーサー道路と称されるに至った理由は
 当所米国大使館の前を通ることになっていたためです

平成に入って臨海部の開発が進み また汐留の再開発が進行するにつれ
それらの地域を都心に結ぶための 環状2号線の整備が喫緊の課題となります
当局では幅員を縮小して50メートル道路に改め
 また立体道路方式をとりこんだ再開発手法を導入することで 
住民が地域に残れる選択肢を示すことができ
 その結果やっと地元の理解を得て 計画が現実化するようになります

道路計画の予定地沿いでは いまや買収が進み
あちこちに地上げの跡地が点在しています


再開発事業予定地の一部には日比谷神社が建っています
汐留シオサイトをも氏子区域にする このあたりの古い神社です
他の施設と異なり 神社は土地に密接に結びついているので
その移転は容易なことではありません
氏子区域が広大であれば その中で代替の土地を見つけられますが
都心の狭い一角に代替地を見つけるのは至難の技です
開発中の汐留地域に 移転先を探すほか妙案はないようです


地上げされた道路予定地
道路はこの土地を通って背後のビルの谷間へと抜けていきます


買収地の前には計画の概要を知らせる広報版がいくつもたっています
それによると この道路は立体道路として 中核部は半地下方式になり
上部に側道が通ることになっています


空き地の隣には 壁をさらした未買収の建物がたっています
このあたりは 新橋の飲屋街の延長にあるところで
1軒1軒複雑な権利関係を抱えているので
買収もなかなか進まないようです


買収地に立つ再開発事務所の看板


赤レンガ通り沿いのこの買収地には 切腹最中を売る店がたっていました
浅野匠がこのあたりにあった屋敷で切腹した故事から名づけたものだそうで
なかなか評判の最中でしたが 今では近所に構えた架設の店で商売を
続けています


日比谷通り沿いの買収地です







新橋駅西口汐留烏森マッカーサー道路虎ノ門

東京を描く東京風景写真新橋・虎ノ門次のページ