TOKYO
TOWNSCAPES

  


人形町



人形町のシンボルといえば水天宮です
もともとは 三田赤羽にあった有馬藩上屋敷の屋敷神でしたが
明治5年にこの地に移転してきて以来 一帯のシンボル的存在となりました
徳川時代から庶民の信仰が厚く
蜀山人の狂歌には 情けありまの水天宮と歌われています
荷風散人も愛人とともに訪れています


水天宮は安徳天皇と建礼門院を祭神とし 安産の神として親しまれています
大勢の親子連れがやってくるので 一年中参詣客の姿が絶えません
この神社で安産のための腹帯を求められた女性も多いと思います


人形町一帯には 徳川時代 浄瑠璃小屋がたち
人形師が多く集まってきたことから
人形町と呼ばれるようになったとのこと
いまでも 域内に人形師辻村じゅさぶろーの人形間があります


人形町は戦災をのがれたこともあり 古い佇まいが残されています
大観音寺の裏手などは かつて芳町と呼ばれた芸妓街が形成されて
いたところですが 今でも 当時の様子をしのばせる雰囲気が残っています


これはよし梅という料理屋
狭い路地沿いにひっそりと佇む店の様子は
隠れ家のような雰囲気に満ちています


これも 芳町の一角で見かけた小料理屋さん


これは人形町通りの東側で見かけた銅葺きの仕舞屋です

壺齋画:水天宮 人形町の路地







人形町甘酒横丁浜町東日本橋横山町


東京を描く東京風景写真人形町次のページ