TOKYO
TOWNSCAPES

  


日本橋横山町



日本橋横山町から馬喰町にかけての一帯は
 わが国最大の問屋街として知られています
その起源は既に徳川時代にありました
馬喰町には 街道沿いに多くの旅宿が立ち並び
そこに 日本各地から来た商人が滞在したといいます
彼らは隣接する横山町で問屋業を始め
これが今日につながる問屋街の発展となったのです

写真は横山町通りに軒を並べる問屋の建物群です
シックな構えが絵になります


明治以降も横山町は問屋街として発展していきます
日本橋近辺の老舗が掛け値なしの現金商売で
近代的な流通産業へと向かっていくのに対し
横山町の問屋には 日本伝統の商法が残り続けたといいます


問屋が扱う商品の中心は衣料です
これは 垂直のイメージを強調したデザインが面白い
衣料品問屋の建物です


衣料問屋のほかに こんな店もあります


これも垂直のイメージを強調した建物
この界隈で多く目にしましたが
流行にはなにかいわれのようなものがあったのでしょうか


大手問屋 海渡のビル
老舗のようらしく 立派な構えのビルでした


横山町と馬喰町の境にある 新道通り
狭い通りですが 様々な業種の問屋が軒を連ねています
その多くは現金問屋といいます







人形町甘酒横丁浜町東日本橋横山町


東京を描く東京風景写真人形町