TOKYO
TOWNSCAPES

  


王子駅周辺・さくら新道



JR王子駅のホームから飛鳥山方向を見ると 
山すそにそって ご覧のような風景画見えます
ずいぶん古びた木造の長屋で いかにも由緒ありげな様子に見えます
看板にはさくら新道と書かれていますが どうやら飲食街のようです


中の様子をつぶさに確かめてみようと思い 立ち入ってみました
山の下には細い道が通じていて 道沿いにこんな風景が現れました


まだ日が高いことから 店はいづれも閉まっていましたが
立ち並ぶ看板から見て いっぱい飲み屋さんの集合体のようです
布団が干してあるのを見ると ここで寝起きしながら店をやっているようです


建物の風情からして 戦後まもなく立てられたのでしょうか


店の中には人気がなく 既に廃されてしまったと覚しきものもありました


飛鳥山沿いの通りには都電荒川線が走っています
この電車は大部分が専用軌道を走っていますが
終点の早稲田付近とこのあたりでは 道路上を走らねばならぬとあって
一般車両に気を使いながら走行しなければなしません


最近気になることに 電車のボディいっぱいに貼られた看板
少しでも営業収入の足しにするための工夫だそうですが
街の景観をこわしたり 人の度肝を抜いたりというのは感心しません
これは桜の花をあしらって 昔見た花電車を思い出させます
こんなデザインなら見た目にも楽しいかも
壺齋画:王子・さくら新道








王子駅飛鳥山音無川王子権現

東京を描く東京風景写真王子・飛鳥山次のページ