TOKYO
TOWNSCAPES

  


音無川



石神井川は徳川時代の初期に現在の川筋に付け替えられました
江戸市中を洪水から守ることが目的でしたが
かわって王子あたりが たびたび洪水に見舞われるようになったようです
特に昭和に入って都市化が進むと 保水能力が落ちた川は
ちょっとした雨でも洪水をおこすようになります
こんなことから 大規模な河川改修が進み 音無川も景観を一新しました
現在の姿は 河川の護岸整備にあわせ 親水公園として整備されたものです
上の写真は 王子駅からつながる遊歩道


遊歩道沿いにも桜の木が植えられ
人々がその下を行きかっていました


親水公園に下りてみました
川は隣接して設けられた水路を流れており
この公園自体は川には直接つながっていないようです


水車がおいてあるのは愛嬌でしょうか


川の上部にかかる木橋
この隣には頑丈なコンクリート造のアーチ橋が架かっています


ミニチュアの滝も用意されていました
かつて川沿いにはいくつもの滝がかかっており
美しい景観をなしていたといいます


先ほどの木橋を上から見下ろした風景です



広重画「王子滝野川」
王子権現よりすこし上流部の景色
橋は紅葉橋とされています

広重画「王子音無川石堰」
左の山は飛鳥山です







王子駅飛鳥山音無川王子権現

東京を描く東京風景写真王子・飛鳥山次のページ