TOKYO
TOWNSCAPES

  


山谷


山谷地区は 徳川時代の昔から奥州街道沿いに木賃宿が
立ち並んでいたといわれます 明治・大正期には労働者が
集まり住む街としてスラム化が進みますが
太平洋戦争の終戦を契機に劇的な変化をとげます 
戦災で焼け出され浮浪者となった人々を対象に
この地にテント村が作られ 戦争難民を収容する政策が進められたのです
その後 テントは簡易宿泊所へと模様替えし
そこに全国から職を求めて上京してきた日雇い労働者が
集まり住むようになりました
オリンピックを前に好況にわいた時代には 
220軒ほどの宿に約15000人が宿泊していたといいます
しかしバブルがはじけると共に 仕事につけない人々が増加し
宿銭を払えないものは路上へとはみ出るようになりました
東京におけるホームレスの問題は 多く山谷から発しているのです



山谷の街を埋め尽くしていた多くの労働者たちは
日本経済の沈下にともなって 職を失い
山谷から姿を消した人々の数は相当のものになります
それに伴って かつて活気に満ちていた山谷の簡易旅館街も
火を消したようにさびしくなってしまいました


簡易旅館はみな経営が苦しくなり
建物も荒れた外観のものが増えています


かつての山谷の宿は カイコ棚と呼ばれるような
相部屋形式のものが主流でしたが
いまでは このように個室でなければ客はきません
4畳半テレビ付きで一泊二千円前後というのが標準的な相場です


簡易旅館の組合


古くて傾きかけている建物も散見しました


山谷の一角に希望の家と称する施設をみかけました
生涯の最後を迎えた人々のためのホスピスだといいます


山谷には身寄りの無い老人が多く
誰にも見取られないまま死んで行く人も多いとやら
それらの人々のために 私財をなげうって看病しようという人がいるのは
世の中まだまだ捨てたものではないかもしれません


山谷の中心部にあるアーケードの商店街


こちらは日雇い労働者向けに作業衣を売る店







吉原日本堤山谷南千住北千住

東京を描く東京風景写真吉原・山谷・千住次のページ