万葉集を読む

HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本プロフィール掲示板サイトマップ



下級官人たちの歌


笠金村、高橋蟲麻呂ら下級官人の歌を読む。高橋蟲麻呂は役人として各地を巡遊中に、土地の伝説に関心を寄せ、それらを歌に読みこんだ。日本最古の吟遊詩人というべき人である。

また、万葉の悲恋物語として知られる中臣宅守と狭野茅娘子の恋のやり取りを読み解く





万葉集を読む


HOME万葉の世紀王朝の周辺柿本人麻呂山部赤人山上億良
大伴旅人大伴家持女流歌人下級官人万葉の庶民








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである