万葉集を読む

HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本プロフィール掲示板サイトマップ



王朝の周辺




万葉集巻一、巻二は各天皇の御世ごとに編年体の形式をとって、それぞれの時代を代表する歌を納めている。巻一には雄略天皇、巻二には仁徳天皇の歌とされるものが冒頭を飾っているが、実質的にカバーしているのは、天智天皇から聖武天皇までの時代、約百年間である。

われわれ現代人は、万葉集の巻一、巻二を読むことを通じて、古代史の一端に触れることができる。

万葉の時代は、大化の改新を経て、日本の歴史上王権の権威がもっとも高かった時代である。だがその王権は常に平和裏に継承されたのではなかった。王権を巡ってはさまざまな戦いがあり、それぞれの戦いを生き残ったものが、天皇の権威を手にすることができた。壬申の乱はそのもっとも象徴的な出来事であった。

ここでは、天智天皇から天武・持統両天皇への権力の継承、権力闘争の影で消えていかざるを得なかった悲劇の皇子たち、そして王朝の周辺にあって万葉の世界を彩ったさまざまな人々を取り上げてみたい。






万葉集を読む


HOME万葉の世紀王朝の周辺柿本人麻呂山部赤人山上億良
大伴旅人大伴家持女流歌人下級官人万葉の庶民






作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである