万葉集を読む

HOME本館ブログ東京を描く水彩画あひるの絵本プロフィール掲示板サイトマップ



大伴家持


大伴家持は、万葉集の編集者として擬せられているとともに、自身も偉大な万葉歌人の一人であった。

大伴家持の歌は、万葉の世紀の最後を飾るものであり、その歌風は、万葉のおおらかな歌い方と、古今以後の歌との橋渡しをしている。そんな大伴家持に関する論考を集めてみた。





万葉集を読む



HOME万葉の世紀王朝の周辺柿本人麻呂山部赤人山上億良
大伴旅人大伴家持女流歌人下級官人万葉の庶民








作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである