清澄白河


霊巌寺 深川

深川の町を散策するには
地下鉄の清澄白河駅を拠点にするのが便利です
駅を出ると、清澄庭園を中心に
深川の街並が広がっています
なかでも、旧深川区役所通りの両側は
多くの寺が集まっており
寺町の風情をかもし出しています
中心は霊巌寺です
白河藩主松平定信の菩提寺で
この辺を白河町と呼ぶのも定信のゆかりによるものです


江戸六地像”width=

霊巌寺の境内にある大きな地蔵は
江戸六地蔵のひとつ
境内の奥まったところには定信の墓があります
霊巌寺はもと霊巌島(現在の新川町)にありましたが
明暦の大火以降、現在地に移されました




霊巌寺前の路地には
不動様がありました


深川江戸資料館

深川江戸資料館
旧深川区役所の跡地に建てられたものです
徳川時代における深川佐賀町の街並を原寸大に再現していて
みていてとても迫力があります
当時の長屋の狭さをみると
江戸庶民の慎ましやかな生活がしのばれます


深川区役所通り

旧区役所通りにはこんな土産屋さんも店を構えています
深川名物あさりのどんぶりを売っているようです

深川あさりの佃煮

これはあさりの佃煮を売る店
深川はもと猟師町として出発したので
このような魚介類が街のイメージと結びついているのです








清澄白河清澄通り清澄庭園小名木川周辺清洲橋から新大橋

[HOME]     [深川散歩]     [進む]


TOKYO
TOWNSCAPES