清澄白河清澄通り清澄庭園小名木川周辺清洲橋から新大橋

[HOME]     [深川散歩]     [進む]



広重画「深川万年橋}

万年橋から隅田川を見渡した光景でしょう。

亀が吊り下がっているのは、万年の寿をもじった駄洒落と思われます。

小名木川周辺




清澄庭園の北側には軒の低い家並が連なっています
そのなかで一風変わったこの建物は中村学園です
女子校らしく、少女の像が建物を飾っていました



小名木川沿いに相撲部屋をふたつ見かけました
ひとつは大鵬道場
あの昭和の大横綱大鵬関の起こした部屋です
いまは大岳部屋と名を変えていました




大鵬道場の近くに北の湖部屋がありました
これも大横綱だった北の湖が起こした部屋です
この辺は両国に近いので
相撲部屋を起こすのに向いているのでしょう




小名木川の河口にかかる万年橋
トラス型の鉄橋です
深川とその地先の猟師町を結ぶ橋として
江戸時代の初期にかけられました




万年橋の北詰に芭蕉稲荷と称する陰祠がありました
境内にはかわずを象った石が置いてあります




芭蕉稲荷の斜め前にある柾木稲荷
別名をおできの神様といいました
おできの治癒に効験があるのでしょうか
TOKYO
TOWNSCAPES