橋の上から 佃大橋とその先の中央大橋の方向をみわたしました
左手には水際にテラスがあって ひとびとが川の流れ近くに寄ることができます
ひときわ高くそびえているのは聖路加病院の建物です


関連サイト:勝鬨橋








勝鬨橋現在の月島月島風景もんじゃ焼き
佃島佃島今昔月島の海岸


[HOME]     [項目トップ]     [続く]





橋の半ばには2対の管理塔があります
石でできているのでしょうか
風情があるので これを好んで描く画家もいます
月島側のテラスから勝鬨橋を見上げてみました
橋の両翼のアーチが美しいシルエットを作り出しています
月島の玄関は勝鬨橋です
晴海通りをまっすぐに南下してきた先に架かっています
昭和15年につくられたこの橋は 開閉式の橋として
昭和40年代までは 橋の中央にある桁が左右に開いて船を通していました
いまはもう開くことはありませんが
再び開くのを見たいという人たちの声に押されて
そのための研究がなされているとのことです

勝鬨橋・月島の玄関

TOKYO
TOWNSCAPES