広重画「永代橋佃島」

永代橋の下から、はるかにながめた佃島の景色です。

永代橋と佃島は目と鼻の先ですが、この絵では佃島は随分遠くにあるように描かれています。






勝鬨橋現在の月島月島風景もんじゃ焼き
佃島佃島今昔月島の海岸


[HOME]     [戻る]    [項目トップ]




桟橋に係留せられた巡視艇と覚しき船
なかなか絵になりますね
実際にも この眺めを水彩で描いた作品をみたことがあります
島の反対側に回って
築地方面を眺めました
正面中央が魚市場 その左隣は浜離宮です
汐留の高層ビル群の奥に 東京タワーが垣間見えます
月島と越中島を結ぶ相生橋は
かつては コンクリート製の美しい橋として知られていました
小生は それを期待して橋のある方向へ近づいていったのでしたが
眼前に待っていたのは 御覧のような無粋な姿の橋でした
美しいだの 優雅だのとは縁遠い 
安っぽい竹細工のようなつくりではありませんか
傍らの説明板には 数年前に架け替える際 
先々代の意匠を採用したなどと記されていましたが、
だれがこんな非デザインを採用したのでしょうか
期待がはずれて がっかりしてしまいました
島から江東区側を眺めた景色
こちらも 都心に近いこともあり
このような 大きなマンションが 軒を連ねてたっています
島から見る永代橋の全景です
帝都の第一橋梁であったかの勇姿をこんな角度で見られるのは
この場所が一番とか
島にかかる橋と 周辺の景色をみてみました
これは中央大橋 リバーシティの完成に合わせてくつられました
従来の佃大橋とは 仲よく並んでいますが 
出来立ての頃は 島の旧住民にはあまりなじみがなかったようです

月島・佃島の海岸

TOKYO
TOWNSCAPES