[HOME]     [戻る]     [続く]




トリトンタワーのある一角から
朝汐運河越しに眺めた月島の街
小さな島にかかわらず 高低色さまざまなビルが立ち並んでいますね
土砂でできた埋立地にも こんな街が現れるなんて
とても信じられませんね









勝鬨橋現在の月島月島風景もんじゃ焼き
佃島佃島今昔月島の海岸


朝汐運河にかかるトリトンブリッジ
黎明橋と平行にかけられた トリトン専用の人道橋です
月島から朝汐運河を渡って晴海側に出ると
トリトンタワーの超高層ビルがたっています
この地区の再開発の走りとでも言うべきもので
これから先の晴海の姿を暗示するものとなっています
このレトロな感じの建物は 月島第2小学校です
都心に数多くある 震災復興学校のひとつです
背後の高層ビルに威容をそがれていますが
時計台が素敵ですね
むろん校舎の隣には避難用の小広場も設けられています
かつて月島界隈といえば 佃島周辺の低い家並みの町があるかたわら
大部分は倉庫などの立ち並ぶ 索漠とした風景が広がっていました
いまでは 島中いたるところ 高層のマンションが軒の高さを競っています
都心から至近距離ですので 住むにはこんな便利なところはないのでしょう


月島の現在

TOKYO
TOWNSCAPES